【パナホーム】二世帯住宅の価格・間取りまとめ!4つのタイプを徹底検証

間取りのこと

 

パナホームは様々な商品ラインナップがあり、中でも二世帯住宅には様々な特徴があります。

 

 

将来的に両親のことを考えるなら、同居するのも選択肢の一つになりますが、そうなると二世帯住宅を建てる必要性があります。

 

 

ただ、坪単価や価格はいくらか、どんな間取りにすればいいのか、色々と気になる部分が多くありますよね。

 

 

そこで今回はパナホームの二世帯住宅について

・価格、坪単価
・間取り
・間取りのタイプ
・特徴

など、気になる情報を詳しく紹介します!

 

 

これから二世帯住宅を建てることを検討している方や迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

【パナホーム】二世帯住宅の気になる価格・坪単価

 

パナホームの二世帯住宅の坪単価は、およそ65~80万円ほどです。

 

 

様々な設備やオプションを導入することでもっと高くなりますが、50坪の家を建てる場合だと、3250~4000万円といった価格になります。

他の住宅会社の二世帯住宅と比べると?

 

他の住宅会社の二世帯住宅と比べた場合、パナホームの二世帯住宅の価格や坪単価は、平均的かそれ以下の位置になるでしょう。

 

 

パナホームは二世帯住宅にしては価格が安い傾向にあるため、比較的安く二世帯住宅が建てられます。

パナホームで建てる二世帯住宅の間取り

融合タイプ

出典:公式サイト

 

融合タイプの二世帯住宅で工夫されているのは、何より両世帯の女性陣が楽しくキッチンで料理ができるようになっていること、日が差し込みやすい和室を孫とのふれあいスペースにしいることでしょう。

 

 

洗濯物も世帯別に分けられますし、お互いに気になる部分だけを別にしたい人におすすめです。

半融合タイプ

 

出典:公式サイト

 

半融合タイプは、お互いの生活時間の違いに配慮した間取りになるように、工夫されているのがポイントです。

 

 

LDKや主寝室をお互いに離れた場所に設置し、二世帯で一緒に使うものや別々に分けたいものなど、収納スペースなどで困らない間取りにしたい人におすすめです。

半独立タイプ

 

出典:公式サイト

 

半独立タイプは、お互いの生活が豊かになるように、リビングを大広間のように大空間にし、2階に子世帯用のサブリビングなどを作っているのが工夫したポイントです。

 

 

家族のふれあいを大事にしつつ、お互いの世帯の生活も大事にしたい人におすすめです。

独立タイプ

出典:公式サイト

 

独立タイプは、1階と2階でお互いの世帯を完全分離している二世帯住宅であり、お互いの家族の生活を重視した間取りになるように工夫されています。

 

 

お互いの世帯が行き来できるように、収納内部に出入り口が設けられているので、過干渉にならない二世帯住宅にしたい人におすすめです。

 

 

合わせて読みたい

パナホームのおすすめ間取り&ポイントまとめ!シミュレーション・実例も+
こちらのページでは、パナホームの間取りについて詳しく紹介しています。間取りのポイントやおすすめ間取り・シミュレーション・実例など気になる情報を盛り込みました!パナホームで新築の家を考えている方はもちろん、まだ迷っている方も間取りづくりの参考になりますよ!

【パナホーム】二世帯住宅の4つの間取りタイプ!

融合タイプ

 

融合タイプとは、全ての空間を融合させた二世帯住宅のことで、リビングやキッチン、浴室などを共有しているのが特徴です。

 

 

この融合タイプは、お互いの家族のつながりやふれあいを重視しており、特にキッチン空間が広いので料理を楽しむ家族におすすめです。

半融合タイプ

 

半融合タイプは一部の空間を共有した二世帯住宅であり、玄関とLDK、浴室などを共有しつつ、親世帯と子世帯のリビング、キッチン、サブリビングとサブキッチンを別々にしているのが特徴です。

 

 

このタイプは、世帯間での暮らしを尊重し合う人におすすめです。

半独立タイプ

 

半独立タイプは、玄関とLDKを共有しながらも、水回りを分離することで、お互いの世帯の独立性を高められるのが特徴です。

 

 

このタイプはほどよい距離感を保って暮らせるため、夫の両親と同居する人におすすめです。

独立タイプ

 

独立タイプは、いわばお互いの世帯を完全分離するタイプです。

 

 

これは親子の世帯を完全に分離することで独立性を確保しているのが特徴であり、必要な時に集まって有意義な時間が過ごせます。

 

 

また、完全に独立しているからこそ、将来的に賃貸にしたい人にもおすすめです。

パナホームで建てる二世帯住宅の特徴

ストレスフリー空間

 

パナホームで建てる二世帯住宅では、お互いの世帯がゆとりを持って生活できるように、ストレスフリー空間になっているのが特徴です。

 

 

二世帯住宅はお互いの家族が衝突する可能性がありますが、ストレスフリーの大空間なら、家族にとってゆったりとした生活が送れるでしょう。

収納スペースが十分確保されている

 

二世帯住宅に住むにあたって問題になりやすいのが、収納の問題です。

 

 

しかし、パナホームの二世帯住宅は事前に収納の問題を解決できるように、十分に収納スペースを確保しているのが特徴です。

 

 

お互いの家族が収納に困らないようになっています。

スマートな暮らしを実現

 

元々パナホームはオール電化や省エネに力を入れているため、二世帯住宅を建てる際も優れた環境性能と省エネ設備を完備しており、スマートな暮らしを実現できるのが特徴です。

 

 

お互いが協力して生活する二世帯住宅だからこそ、スマートな暮らしが活きるでしょう。

まとめ

 

パナホームの二世帯住宅は他の二世帯住宅とは違い、スマートハウスに特化した省エネ住宅になっているのがポイントです。

 

 

二世帯住宅を建てる際には4つのタイプがあるので、お互いの世帯でよく話し合って、どのタイプにするのか決める必要があります。

 

 

どのタイプでもお互いに生活するにあたって様々なメリットがあるため、二世帯に合う住宅を建てましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました