ZEHを建てるならパナホーム!普及目標・実績まとめ@補助金の需給のしやすさも+

仕様、設備

 

パナホームが取り組んでいるZEH住宅。

 

 

ZEHとは「ゼッチ」と読み、ゼロ・エネルギーハウスのことを指します。

 

 

効率よく太陽の光を蓄積し電力に変換することで、環境や省エネ対策に効果があります。電気を自分で作って自分で使う、そんなイメージですね。

 

 

パナホームではZEHに対応した住宅も展開しており、パナソニックの技術だからこそできる、充実した設備を備えています。

 

 

パナホームが設定しているZEHの目標や実績の数値なども踏まえて、ZEH住宅について、

・特徴
・普及目標&実績
・補助金の需給のしやすさ
・ゼロエコの魅力
・評判

など気になる情報を詳しく紹介します!

【パナホーム】ZEHの特徴

高い断熱性&地熱の効果で省エネ

 

パナホームのこだわりの1つに、徹底した省エネが挙げられます。

 

 

通常断熱性を高めるため、天井や外壁の断熱材を分厚くするなどの工夫をしています。

 

 

しかしパナホームでは部分的に断熱材を導入するのではなく、基礎の内側にまで断熱材を使用しています。「家まるごと断熱」といって、この方法により床下の地熱を有効的に使うことができます。

 

 

地熱は季節にかかわらず温度の変化が少ないため、一定の快適な温度を保つ助けになります。

エネルギー情報の見える化!節電意識UP

 

「スマートHEMS」は、省エネを視覚的に見ることができます。

 

 

パナホームが提供している最強のエネルギー対策です。家庭で使われている電気の使用量や時間などを計測し、自動で省エネモードに切り替えることも。

 

 

さらにスマートフォンと連携できるので、外出先からでも使用状況を把握することができます。

 

 

子供の帰宅、家電製品の消し忘れなどもスマートフォンに通知されるので、外出先でも安心です。

電力状況、生活スタイルに合わせて、2つのモードを切り替え

 

太陽光と蓄電池システムの動作のモードを、上手く切り替える仕組みも設置されています。

 

 

パナホームの2種類のモードにより、電力を効率的に溜めながら節約をすることができます。

 

 

1つ目は「環境優先モード」で、電気の自給自足を行います。余った電気は蓄電池に充電。それを夜間に使用することで、不足する電力を補います。

 

 

2つ目は「経済優先モード」。こちらは、電気代を経済的に節約するためのモードです。昼間は太陽光で生活し、余った電気は売ることができます。

 

 

夜に夜間電力を安く購入して、蓄電池に蓄えてくれます。その電力を料金の高い時間帯に充てることで、トータルとしての電気代が削減できます。

 

 

家にいるときは経済優先モード、留守にする場合は環境優先モードに。自由に切り替えることができるため、それぞれのライフスタイルに合わせた無駄のない「太陽光+蓄電池システム」です。

パナホームのZEH普及目標&実績

 

パナホームのZEHの普及目標や実績などはどうでしょうか?

 

 

パナホームは幅広く普及を目指しており、2020年までに80%以上を目指している予定です 。

 

 

ZEHを住宅に導入していきたい意気込みがわかりますね。

 

 

2017年の目標は17%だったのですが、実績として28%と言う結果が出ています。2018年には目標が29%、実績が36%と目標より実績が上回っていることがわかります。

【パナホーム】ZEHで補助金は需給しやすい?

 

国が推奨しているZEHは、一定の要件を満たすと補助金が受給できます。

 

 

パナホームは補助金を受給しやすいと言えるでしょう。理由として大手のハウスメーカーであり、国が求める品質や性能をしっかりと満たしているからです。

 

 

また、補助金の申請に関しても、パナホームは経験が豊富です。スムーズに行えるよう段取りや手続きなどにも配慮されています。

パナホームのZEH「ゼロエコ」の魅力

 

エネルギーの収支を0にすることを目指す「ゼロエコ住宅」

 

 

日本特有の環境やエネルギー問題といった不安を取り除いてくれる、魅力の詰まった住宅です。四季を楽しく感じながら生活ができるよう、冷暖房の効果を高める高性能断熱材。

 

 

さらに「エコナビ搭載関係システム」で、省エネ性を高めながら常に部屋の中を、快適な空気で満たしてくれます。

 

 

エネルギーを節約することを楽しむことができる「スマートHEMS」も搭載。

 

 

エアコンの切り忘れ・シャッターの開け閉めなど、タブレット・スマートフォンを見ながら、外出先でも遠隔操作が可能です。

 

 

必要な時に必要な電力を、不要なときには省エネを。自動で管理してくれるので、気を使わずエネルギー管理を任せながら生活できます!

パナホームZEHの評判・口コミ!

悪い口コミ

完成まで時間がかかる
パナホームZEHで家を建てました。あれこれ敷地を広げ過ぎたせいもあるのか、時間がかかりました。年越しでやっと家がたちました。長かった…。
補助金の申請に少し時間がかかる
補助金の申請してもしばらく待つんですね。一部は簡易書留で書類を送らないといけないですし、もう少し早く通知がきたら嬉しいです。

良い口コミ

サービスがいい!
関西の地区に45坪の家を建てました。太陽光パネルも数キロ導入したり、せっかくなので色々なオプションもつけました。合計で4000万程で、納得のいく家が完成しました!電動シャッターを無料でつけてくれたりと、大満足です。
減免率100%!
減免の手続きは、パナホームの司法書士がやってくれました。入居していますが、当然なんの問題もなく快適です!台風も2回直撃しましたが、全く大丈夫です。
光熱費が格段に違う!
光熱費は1/4まで下がっています。ずっと住む家なので、ZEHで良かったな、と住んでいて感じています。

まとめると

 

悪い口コミでは時間がかかるという声がありました。材料を丁寧に選び、設計通りに家を建てるには、広ければ広いほど時間がかかるかもしれません。

 

 

また補助金の制度は、パナホームではなく国が決定することなので、少し時間がかかるのは仕方のないことかもしれませんね。

 

 

一方良い口コミでは、補助金申請をパナホームの司法書士が手続きしてくれたり、サービスをしてくれたりと購入する人にとって嬉しいことですね。

 

 

また、光熱費が大幅に下がったと言う口コミもありました。

 

 

まとめると、建築や補助金の申請に少し時間がかかりますが、サービスの面では満足できるような結果になっています。

まとめ

 

パナホームはZEHに対応する住宅を、次々と展開しています。

 

 

使うエネルギーを少なくし、太陽光で作ったエネルギーの方を多くさせる取り組みに、力を入れていることがわかりましたね。

 

 

政府も目指しているZEHに、素早く対応しているハウスメーカーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました